クレジットカードにまつわるエトセトラ

法人カードのメリットとデメリット

法人カードを持つことのメリットはいくつかあります。1つは法人経費と個人の区分が明確になることです。2つ目は、経費の精算が不要になるため経理の手間が省けます。実際、個人が立て替えた分のお金を法人に請求し、立替金の清算という形で処理をするのは経理の人にとっても、申請をする人にとっても非常に手間がかかるものです。

また、会社の運営上に必要な電話代や電気代、保険料などの経費をカードで支払うことで、経費の額が簡単にチェックできるようになり、経費の計上漏れがほとんどなくなります。カード会社によっては、ポイントやマイルの優遇を受けられるものもあり、大きな支払いが毎月ある場合には、それだけで大きなポイントを得ることが可能です。

ですが、デメリットもあります。それは年会費が必要であるということです。カード会社によって年会費は異なりますが、月数千円から高いところでは数万円年会費がかかることもあります。法人カードの審査は、以前はとても厳しく、会社が3年以上の黒字でないと審査に通らないということもありました。

ですが、最近では新設の法人であっても法人カードが作れるようになっています。カードを取得するには書類が必要になります。基本になるのは、法人名義の銀行口座と履歴事項全部証明書、印鑑登録証明書、免許証などの本人確認書類の4つです。これら以外の書類を提出しなければいけないこともあり、しっかり確認することが大切です。

 


大手スーパーのお得情報

最近はアベノミクス効果なのか、デフレ傾向がやや止まりかけたとはいえ、一般庶民の給料にまではその効果は及んでおらず、よいものを少しでも安く購入したいという消費者の願いは変わっておりません。特に日常的に使用している食品であったり、生活雑貨などの生活必需品についてはなおさらです。1人あたりの購入個数が決められたタイムセールであったり、曜日、日にちによるポイントUP DAYであったり、さまざまなセールが行われており、そういった日には普段より明らかに客足が多くなっているのがわかります。

ただし、郊外店になると、店に行くために車を使用します。車を使用するとガソリン代が発生してしまいます。この金額は最近の車は燃費がよくなったとはいえ、行きかえり10kmとすると15km/l走るとしても100円ほどかかってしまいます。いつもよりも50円安い卵を購入しに行くために、この金額を使用していたのでは割に合いません。かといって、たくさん購入していたのでは、卵の安さは他の商品で吸収されてしまい、何のために購入しているのかわかりません。

ですから、そういった目玉商品を買いに行くのであれば、徒歩、自転車圏内でとどめておくべきです。そして、郊外店に行く場合には、ポイントUPの時に狙っていくほうが結果的にお得です。ポイントが×2になれば、総額10000円に対し、通常100円分が200円分プラスになるわけです。ですから、ちょっとしたお得情報には引っかからないようにし、できる限りポイントの高い日にまとめ買いをするというのが正解です。

 


フリーターでもクレジットカードを作成をできる?

消費者金融でお金を借りたりするための契約はどのような人ができるのかというと、成人していて毎月一定額の収入がある人でフリーターの方でのあれば申し込みをすることができるので便利です。ここでは大学生などの学生の方でのアルバイトをしていれば申し込みをすることができるので便利です。そしてここではクレジットカードも作成をすることができるので便利です。

ちなみにですが、即日使えるクレジットカードを無人機や窓口で申し込みをすることができます。ここでキャッシングカードの作成にはどのくらいの時間がかかるのかというと、最短で30分でできるので時間がない方での申し込みをすることができるので便利です。ここでキャッシングカードを作成をするとお金を即日融資をしてもらうことができるので便利です。

このようなところではパソコンを使っての申し込みの方法があります。このような消費者記入ではパソコンを使っての申し込みはどの時間に申し込みをすることができるのかというと、24時間365日いつでも申し込みをすることができるので時間がないフリーターの方での申し込みをすることができるので便利です。